menu

レシピ

アーモンドミルクレシピ

暑い夏こそ白いカレーで夏を元気に!
夏の白いカレー

夏の白いカレー

大人も子供も大好きで、暑い夏に食べたいメニューがカレー。「クミン」「ガラムマサラ」などのスパイスを使って、白いカレーに仕上げました。

材料(2人分)

  • 鶏もも肉小1枚(200g)
  • じゃがいも1個(100g)
  • 玉ねぎ1/2個(100g)
  • しめじ1/2パック(50g)
  • いんげん4本(30g)
  • (A)にんにく・しょうが
    (すりおろし)
    各1片
  • (A)バター20g
  • (B)クミン(パウダー)小さじ1
  • (B)ガラムマサラ小さじ1
  • (B)コリアンダー
    (パウダー)
    小さじ1/2
  • 小麦粉大さじ2
  • (C)アーモンドミルク
    (無糖)
    300cc
  • (C)ナンプラー小さじ2
  • (C)塩少々
  • ごはん2杯分

※(B)は、カレー粉小さじ2で代用できます。辛い料理が苦手な方はガラムマサラの量を少なくして調整してください。

作り方

  • 1鶏もも肉を一口大に切る。じゃがいもを8mm幅のいちょう切りに、玉ねぎを薄切りにする。しめじを手でほぐす。いんげんを2~3等分に切る。
  • 2フライパンに(A) を入れて火にかけ、鶏もも肉を中火で炒める。鶏肉に火が通ってきたらじゃがいも、玉ねぎを入れてさらに炒め、火が通ってきたらしめじといんげんを加える。
  • 3(B)を加えて全体に絡めたら、いったん火を止めて小麦粉を全体に絡める。
  • 4(C)を入れて混ぜ合わせ、中火~弱火にかけてとろみがつくまで火にかける。
  • 5器にごはんを盛り付け、(4)をかける。
    中火~弱火で炒めるのがポイント。

柴田真希のヘルシーポイント

スパイスや、にんにく・しょうがなどの香味野菜には体を温める効果が期待できるため冷房などの冷え対策にぴったり。ビタミンEが豊富なアーモンドミルクは脂質も低くヘルシーに仕上げることができます。紫外線などで傷んだ肌や髪などの修復には鶏肉に含まれるたんぱく質やコラーゲンが必要ですがその吸収を高めてくれるのがビタミンC。じゃが芋に含まれるビタミンCは加熱によって壊れにくのが特徴です。この他、赤パプリカやかぼちゃなど夏野菜を使ってアレンジしてもいいですね。

プロフィール

管理栄養士、株式会社 管理栄養士、株式会社 エミッシュ 代表 柴田真希 さん

管理栄養士柴田真希 さん

株式会社エミッシュ代表取締役。女子栄養大学短期大学部卒業後、お料理コーナーの番組出演をはじめ、各種媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発、プロデュースなどを手がける。『スーパーミルク健康法』(小学館)をはじめとした著書、セミナー講師実績など多数あり。