menu

日本市場では

日本にも広がる
アーモンドミルク

2013年から本格拡大、
急成長のアーモンドミルク市場

米国を中心にスーパーフードとして注目されるアーモンドをベースにしたアーモンドミルク。日本でもブームが始まっています。
日本では2013年にブルーダイアモンド「アーモンドブリーズ」が上陸し、「アーモンドといえばグリコ」の江崎グリコが「アーモンド効果」を発売。急速に市場は拡大し、2015年には25億円を突破しました。

市場が賑わう中、2015年はじめに、メディアが牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」としてアーモンドミルクやライスミルクを取り上げたことを契機に、市場は大きく拡大。店頭でも「植物性飲料/穀物飲料」の棚が出現し、存在感を示しています。

アーモンドミルクの市場推移

販売量
(グラフ)販売量
販売金額
(グラフ)販売金額

データ提供:日本テトラパック株式会社

地中海沿岸から米国へ、
アーモンドの生産地

アーモンドの産地といえば有名なのは、米国カリフォルニア。18世紀、スペインの宣教師によって運ばれたといわれており、その後大規模農業で世界最大のアーモンド生産地に発展しました。また、スペインやイタリアなどヨーロッパでもアーモンド生産は盛んです。日本ではアーモンドの生産はほとんど行われていませんが、鹿児島県湧水町では、産官学が一体となった国産アーモンドの栽培に取り組んでいます。

(地図)アーモンドの生産地

世界の主要なアーモンド産地

スペインイメージ

スペイン

スペインは世界第3位のアーモンド生産地です。特に地中海沿岸地域は、温暖で多湿な冬、乾燥した穏やかな夏と、気候がアーモンド栽培に適しています。観光地であるマヨルカ島などでも、アーモンドが栽培され、1月下旬から2月中旬にかけてアーモンドの開花が見られます。

オーストラリアイメージ

オーストラリア

オーストラリアのアーモンド生産量は急速に拡大しており、米国に続き、世界第2位となりました。実はオーストラリアではコーヒーが非常によく飲まれており、毎日カフェは多くの客で賑わっています。飲み方も多種多様で、コーヒーに入れるミルクもアーモンドミルクが注文できます。

米国・カリフォルニアイメージ

米国・カリフォルニア

アメリカ合衆国で唯一、アーモンドの商業生産を行っているのがカリフォルニア。夏は暑くて乾燥し、冬は冷涼で雨が多いという、アーモンド栽培に理想的な気候条件を備えています。カリフォルニア中部には28万3000ヘクタールを超えるアーモンド農園が広がり、6000の生産者がアーモンドを栽培しています。

殻付きアーモンド生産量

(グラフ)殻付きアーモンド生産量