menu

アーモンドミルクとは

アーモンドミルクへの誤解

アーモンドミルクの認知率は高いが
誤解も多い

アーモンドミルク研究会は、首都圏に住む20代~50代の女性600人に人気が高まる『アーモンドミルク』についてアンケートを実施しました。今回の調査では、アーモンドミルクに対する認知率が高いにも関わらず、アーモンドミルクを誤解している女性が多いことが明らかになりました。

期間 2017年3月6日〜3月8日 対象 女性のみ
回答数 600人 エリア 首都圏在住(東京、埼玉、千葉、神奈川)
手法 インターネット調査 機関 株式会社クロス・マーケティング

女性の約8割が
「アーモンドミルクを知っている」

アーモンドミルクを知っていますか?(SA, n=600)

調査の冒頭で、アーモンドミルクについての認知率を調査した結果、約8割(78.9%)の女性がアーモンドミルクを知っていることが明らかとなりました。多くの女性に注目されていることがうかがえます。

※n数を100分率で計算しているため、合算値が100%を超えています。

(グラフ)アーモンドミルクについての認知率

約8割が知っているにも関わらず、アーモンドミルクを誤解している人は「86.5%」

アーモンドミルクは高い認知率であることが分かりましたが、正しく認識されているのでしょうか。アーモンドミルクを知っている人と答えた人に対して、アーモンドミルクに関する「○×クイズ」で調査しました。

どちらが正しいと思いますか?「○」か「×」で選んでください(SA, n=473)

アーモンドミルクは、アーモンドと牛乳を使用する飲料である
不正解:39.5%
アーモンドミルクは、アーモンドと水のみで作れる飲料である
不正解:54.5%
アーモンドミルクは、アーモンドから抽出したシロップを使用した飲料である
不正解:47.7%
アーモンドミルクは、牛乳よりもカロリーが高い
不正解:36.0%
アーモンドミルクは、豆乳よりもカロリーが高い
不正解:52.3%

アーモンドミルクを誤解している人の割合(n=473)

クイズの正解は「×、○、×、×、×」の順番ですが、この通りに、全問正解した人はたったの「13.5%」に留まり、結果的に「86.5%」もの人が、アーモンドミルクを知っていると思いながらも誤解していることが明らかになりました。
なかでも、39.5%もの人が「アーモンドミルクには牛乳が使用されている」と誤解していました。
その他にも、アーモンドの実のカロリーが高いという印象があるせいか、栄養満点な牛乳や同じ植物性飲料である豆乳よりもアーモンドミルクのカロリーが高いと誤解する人がいることが分かりました(下の成分比較表参照)。

(グラフ)アーモンドミルクを誤解している人の割合

牛乳、豆乳との成分比較表 ※それぞれ、200mlあたり

アーモンドミルク
(砂糖不使用)
牛乳
(普通牛乳)
豆乳
(無調整)
カロリー 30kcal 134kcal 92kcal
コレステ
ロール
0mg 24ml 0mg
タンパク質 1.2g 6.6g 7.2g
カルシウム 150mg 220mg 30mg
糖質 1.0g 9.6g 5.8g

[出典]
アーモンドミルク:ブルーダイヤモンドの『アーモンド・ブリーズ』砂糖不使用
牛乳、豆乳:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」 ※糖質=炭水化物−食品繊維で計算

正しい情報を知ると、女性の約3人に2人が「アーモンドミルクを飲んでみたい」と回答

最後に、アーモンドミルクに関する正しい情報を呈示した上で、アーモンドミルクの飲用意向を尋ねたところ、約3人に2人(65.7%)の女性がアーモンドミルクを「飲んでみたい」と回答しました。また、飲んでみたい理由TOP5は、1位が62.4%で「健康に良さそうだから」、2位は「美容に良さそうだから」(56.9%)、3位は「ビタミンEが多いから」(52.0%)、4位「低カロリーだから」(49.7%)、5位「美味しそうだから」(33.5%)という結果になりました。また、各世代別の1位を見ると、20代が「美容」、30代と40代が「健康」、50代は「ビタミンE」と世代によって期待する内容は異なりました。

アーモンドミルクを
飲んでみたいと思いましたか?

(SA, n=600)

飲んでみたい理由TOP5
(MA, n=394)

順位 理由 (%)
1 健康に良さそうだから 62.4
2 美容に良さそうだから 56.9
3 ビタミンEが多いから 52.0
4 低カロリーだから 49.7
5 美味しそうだから 33.5

調査総評

アーモンドにはビタミンE、オレイン酸、食物繊維、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれています。なかでもアーモンドのビタミンE含有量は、全食品中でもトップクラス。ビタミンEは強力な「抗酸化作用」をもち、酸化ストレスから体を護ってくれます。また、この抗酸化の結果、血行促進作用など、若々しさを保つためのさまざまな作用が期待されており、ビタミンEは美と健康に欠かせないアンチエイジングビタミンなのです。さらにアーモンドは、老化の原因とされる糖化を防ぐ「抗糖化作用」が注目されており、「抗酸化」と「抗糖化」のWのアンチエイジング効果が期待できます。アーモンドの豊富な栄養素を効果的に吸収するためにはアーモンドミルクのように「液状」であることが良いという研究報告もされています。
今回の調査から、アーモンドミルクに対する誤解が多く(P.3)、正しい情報を伝えると、美と健康を期待する声が多いことがわかりました(P.4)。美と健康を意識する女性たちにとって、アーモンドミルクはその一助になると期待できますので、ぜひアーモンドミルクの魅力をもっと知っていただきたいと思います。


慶應義塾大学医学部教授 井上浩義 先生

慶應義塾大学医学部教授井上浩義 先生

医学博士、理学博士。九州大学理学部化学科卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。専門は薬理学、原子力学、高分子化学。食と健康についての造詣が深く、企業や一般人向けのセミナーの講師を数多く務める。著書に『食べても痩せるアーモンドのダイエット力』(小学館)、『アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』(扶桑社)など。