menu

レシピ

アーモンドミルクレシピ

ついつい食べ過ぎてしまうお鍋をヘルシーに
柑橘アーモンドミルク美人鍋

柑橘アーモンドミルク美人鍋

寒い冬に食べたいのが熱い鍋ですが、ついつい食べ過ぎてしまいがち。高たんぱくで低脂質のささみや、イソフラボンが豊富な豆腐を、アーモンドミルクと柑橘系でさっぱりとヘルシーに仕上げました。ビタミンACEが揃った美肌にも嬉しい鍋です。

材料(2人分)

【スープ】

  • アーモンドミルク400cc
  • 400cc
  • 白だし大さじ1
  • 小さじ1/4

【具材】

  • 鶏ささみ4本(160g)
  • (下味) 酒小さじ1
  • (下味) 塩少々
  • 絹ごし豆腐1/2丁
  • 大根10cm(250g)
  • しめじ1/2パック(50g)
  • エリンギ1本(40g)
  • ブロッコリー6房
  • レモン1/2個
  • ライム1/2個
  • アーモンド20g

【シメごはん】

  • もち麦ごはん軽く2杯
  • ピザ用チーズ30g
  • 塩・黒こしょう少々

アーモンドミルクマスタードソース(作りやすい分量)

  • 味噌大さじ1
  • 粒マスタード大さじ1
  • きび砂糖小さじ1
  • アーモンドミルク大さじ2

作り方

  • 1【 アーモンドミルクマスタードソース 】の材料を上から順に混ぜる。
  • 2鶏ささみは(下味)を揉み込んで10分以上置く。
    絹ごし豆腐は食べやすい大きさに切る。
    大根はピーラーでリボン状にむく。
    しめじは手でほぐし、エリンギは長さを半分に切って薄切りにする。
    ブロッコリーは小房にわける。
    レモンとライムは半分は輪切りに、残りはみじん切りにする。
    アーモンドは粗刻みにする。
  • 3鍋に【 スープ 】の材料と【 具材 】を入れる。 中火にかけ、火が通ったら器に取り分け、お好みで【 アーモンドミルクマスタードソース 】をかけながらいただく。
  • 4残ったスープに【 シメごはん 】の具材を入れて温め、リゾットを作る。

柴田真希のヘルシーポイント

寒い冬はアーモンドミルクでぽかぽか鍋に。ついつい食べすぎてしまうお鍋も高たんぱく、低脂質のささみや豆腐ならヘルシーで、イソフラボンなど女性に嬉しい成分も摂取できます。
またアーモンドミルクのビタミンEが血流を促す効果も。ブロッコリーのビタミンA(β-カロテン)やレモン・ライムのビタミンC、そしてビタミンEが加わることで抗酸化作用がアップします。
大根などの野菜やきのこ類、もち麦ごはん・アーモンドミルクの食物繊維が発酵食品のチーズや味噌とあわさることでお腹の調子を整える効果も。

プロフィール

管理栄養士、株式会社 管理栄養士、株式会社 エミッシュ 代表 柴田真希 さん

管理栄養士柴田真希 さん

株式会社エミッシュ代表取締役。女子栄養大学短期大学部卒業後、お料理コーナーの番組出演をはじめ、各種媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発、プロデュースなどを手がける。『スーパーミルク健康法』(小学館)をはじめとした著書、セミナー講師実績など多数あり。